に投稿 コメントを残す

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 感想②  Muhyo & Roji’s Bureau of Supernatural Investigation Impression②

西義之は台詞回しが上手な漫画家である。
The way Yoshiyuki Nishi delivers his lines is excellent.

しかし残念ながら、この第二話のアニメに関して
酷評せざるを得ない。
But unfortunately, I have to say badly about the anime in this second episode.

五嶺陀羅尼丸にとってはほぼノーリスクハイリターンの戦い。
For Goryo Daranimaru, this fight is almost riskless high return.

そこに持っていくまでは悪くなかった。
It wasn’t bad to get there.

①敵の段取りが悪い
1.The enemy characters is disorganized.

五嶺グループは戦略がすごいと強調されるシーンがあるが全然戦略が練られていない。
There is a scene where it is emphasized that the Goryo Group is good at strategy,
but no strategy has been devised at all.

第1話から2話にかけて
赤川団地に行く前に一度家に帰っているのだから
この勝負は日付を跨いで行われたということである。
From the first episode to the second episode,
they had to go home once before going to the Akagawa housing complex,
so this match was held that again later.

十分に時間があったはずなのに
五嶺陀羅尼丸が恵比寿花夫に作戦を話すのが
ゲーム開始後というのは戦略ミスである。
Although they should have had enough time, it is a mistake in the strategy that Goryo Daranimaru tells Ebisu Hanao about the strategy after the game has started.

ここは事前に話を済ませている回想シーンを入れるべきである。
They should include reminiscence scenes that have been talked about in advance.

霊の正体は調査ずみなのにそれを裏付ける為にえらい時間を使っている。
Though the identity of the spirit has been investigated, it takes a great deal of time to support it.

ルールを設定する権限があるなら、これも事前に済ませておけばいいことである。
If they have the authority to set rules, this too should be done in advance.

「百八手を完成するには霊探針が示す戦略エリアを神通針で囲わなければならない。」
“In order to complete “the 108 means”, I must enclose the strategic area indicated by the Spirit probe with Jintsu needles.”

そんな大がかりなことをやるのであれば事前に囲っておけばよかったのに。
If they had done such a large-scale thing, they should have enclosed it in advance.

目的の為に手段を選ばないキャラがフェアプレイどころか
ムヒョとロージーにハンデを与えていることになる。
Characters who do not choose the means for the purpose give handicap to Muhyo & Roji’ instead of fair play.

しかもムヒョが1ターンで霊を倒せないことが前提。
Moreover, it is premised that Muhyo cannot defeat the spirit in one turn.

「よく死なねえな俺。どうすればいいんだ。五嶺様」
“I can’t believe I would not die.What should I do now.Goryo-sama!”
恵比寿花夫まだほとんど何もしていないのに勝手にピンチに陥っている。
Ebisu Hanao is in a pinch on his own, despite doing almost nothing yet.

死んだら負けになる作戦をわざわざ取るのは五嶺陀羅尼丸の作戦ミスである。
It is mistake that Goryo Daranimaru takes the strategy of losing if Hanao dies.

もうちょっと余裕のある戦い方ができたはず。
They should have a more affordable way to fight.

彼にとっては負けてもほぼノーリスクなので
恵比寿花夫をムヒョに勝つための捨て駒と思っているのだろうか?
For him, it’s almost no risk to lose, so I wonder if he thinks of Ebisu Hanao as a discarding piece to beat Muhyo?

それだと勝ちにこだわる理由がなくなってしまう。
In that case, there is no reason to stick to winning.

負けたら二度と目の前に現れない条件なので、二度とムヒョを倒すチャンスがなくなるのに。
If he loses, he will never appear in front of Muhyo, so he will never have the chance to beat Muhyo again.

負けて元々勝ったら儲けぐらいの感覚なのかな?
Did he think it was obvious that he would lose in that match?

ついでにロージーも段取りが悪い。
And Roji is disorganized ,too.

霊の正体を知った後
「ちゃんと資料に目を通しておけばよかった。」と言っているが、
ちゃんと資料に目を通しておきなさいよ。
After he knew the identity of the spirit, he said, “I should have read the material properly.”
If you say so, read the material properly.

自分たちの命運が決まる決戦で言うことではない。
It’s not something to say during the battle that determines their fate.
そりゃ足手纏いだと言われるだろうな。
No wonder Roji is said he is a dependent person who is an encumbrance for Muhyo.

ハイレベル同士の戦略だから盛り上がるのに
低レベル同士の行き当たりばったりの投げ試合である。
If it is a strategy between high levels, it will get excited
But the low levels play random matches.

②1話で「チームの力では我らが圧倒するだろうねえ」と言いつつ
今回、五嶺陀羅尼丸は恵比寿花夫のことをグループの部品だと言っている。
脅しのつもりかもしれないが貴族と奴隷の関係性ではチームにはならない。
2.Goryo Daranimaru said “However, as far as teams go, ours leaves yours in the dust without a doubt.” last time.
He calls Hanao Ebisu a part of the group this time.
He may have threatened, but in a relationship between aristocrats and slaves they are not a team.

五嶺陀羅尼丸は利益を最大化する目的があるのであれば
恵比寿花夫と1+1=3以上になるようにしなければならない。
Gorei Raranyumaru must be more than 1+1=3 with Ebisu Hanao if he has the purpose of maximizing his profits.

その他にもチームワークとは真逆の個の感覚が目立ちすぎである。
Other the sense of individuality, which is the opposite of teamwork, stands out too much.

③アニメの演出が下手すぎる。
3.Animation performance is too poor.
恵比寿花夫が敵から逃げる進行方向から
ロージーが逆方向へ3連の破魔の術を使って敵を倒すシーン。
There is a scene in which Hanao Ebisu escapes from the enemy and Roji throws “three magic that defeats spirits” in the opposite direction to defeat the enemy.

恵比寿花夫は「3連の破魔の術?」と言いながら
術の発信源であるロージーを見ずに
3歩前進してロージーにぶつかっている。
Hanao Ebisu runs while saying, “three magic that defeats spirits?,
after that, he goes forward three steps without heading towards Roji, the source of magic, and runs against Roji.

霊が倒されているのはもうわかっているので
普通この場合は術の発信元であるロージーの方を見るべきシーンである。
It’s already known that the spirits have been defeated, so this is a scene where Hanao should look at Rosie, the source of magic.

他にも余計な台詞も多かった。
There were also many extra lines.

菜々の「私は結界の中にいるから安全」という趣旨の
説明台詞を言ったが、見れば分かることなので野暮である。
Nana said the explanation line that meant “I’m in the barrier, so I’m safe”, but
It is extra lines because viewer can see it.
アニメにしろ漫画にしろタイトな時間制限がある中で
制作しているのはわかるけれど
リアルな進行をしてもらいたい。
Whether it’s anime or manga, the creators have a tight schedule.
I want them to make a real progress.

・ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 
Muhyo & Roji’s Bureau of Supernatural Investigation
西 義之による日本の漫画
a Japanese manga series written and illustrated by Yoshiyuki Nishi.

この漫画は、2004年11月の週刊少年ジャンプに連載され、2008年3月に終了するまで続きました。
The series premiered in Japan in Weekly Shōnen Jump in November 2004, and ran until its conclusion in March 2008.

集英社によって単行本で18巻まで出版されました。 The individual chapters of the series were collected and published in 18 tankōbon volumes by Shueisha.

六氷 透(「六氷魔法律相談事務所」の所長。魔法律の執行を唯一許される魔法律家の最高位「執行人」の位に史上最年少でついた天才。)
Tōru Muhyō (Director of Muhyō Legal Consultation Office).
He is the youngest genius executor graduated from the Magical Law School.

草野 次郎 Jirō Kusano, nicknamed Roji
(He is a mediocre but kindhearted hard worker)

が、人々に危害を加える死霊を退治するストーリー。
exterminate the ghosts that harm people.

By Yoshihiro Nakamoto(YouTube Animator)
YouTubeのチャンネル登録お願いします🙏
Please sub my YouTube channel.
http://goo.gl/k5b65Z
クロスロード×クロニクルはアニメ化される可能性があります。
There is a possibility my anime “Crossroad×Chronicle”will be made into an anime on TV.
My YouTube anime is translated into English.
見にきてね。
Please come to see.

にほんブログ村 アニメブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です